読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とうふ油

とうふとアイドルについて

Hey!Say!JUMPのコンサートをみてきました②

Hey!Say!JUMPのコンサートをみてきました① - とうふ油
10月11日に横浜アリーナにHey!Say!JUMPのコンサートにいってきましたー。イェア!最新アルバム「Smart」が傑作だったのと、シングル「ウィークエンダー」が大好きなのでちょおおおお楽しみにしてたんだ!コンサートまでの一週間ずっと浮かれてたもんね~



  • OP VTR

ツアーコンセプトがカラフルポップでかわゆい。メンバー紹介兼ねたVTRだったけど全員に黄色い歓声飛んでてそれ聞けただけでもううれしい。アイドルにあがる歓声を聞きにいたといっても嘘ではないのだ。

  • 1.ready go

アルバム聞いたときからこの曲で始まるコンサートは高まるワア!と空想していたので間違いなかったです。「待ち焦がれてたこの日がきたよ」ってそれ俺の台詞だよおおお。

  • 2.come on a my house

あーたのじいたのじいいいい。ゆうとくんの歌声が意外とオネエっぽい。

  • 3.super delicate

「きみにーしかー見せられない顔があるー」この曲の業の深さなんなの。

  • 4.beat line

かわいいし良い曲だけど、ずいぶん若い曲(韓流ぽい)だなーと思ってあとで調べたらやっぱり数年前の曲だった。

  • 5.our future

わー!なつかしい曲!衣装のジャケット脱いだらメンカラーのマントみたいなの付いててびっくりした!てっきりジャケットか腰周りに装備されてるとおもってたから。マントってヒーローかよってずっとみてたら、知念くんがひらひらを上手にまとわせてて天女だった。知念くんだけ雲の上でうたい踊ってた。

BESTコーナー。目元に文字流れてくる電子装置をつけていて「今までのダサイBESTは卒業ダアアアア」みたいに煽ってから丸メガネでスクールデイズ歌い始めて、サビ前で有岡くんが「こんなんじゃモテないよ!もっとモテモテライフ送りたいんだよ」とかって曲止めてコントが始まる。という流れだったんだけど、一生懸命会場を盛り上げるために考えてきたんダナーとおもうと愛おしいコーナーだった。この一生懸命さ…美月だ、美月の匂いがするぜ。

  • 8.just for you

セブン曲、圭人がギターをひいて3人が歌い踊ります。なかなかにシックな曲でさっきのBESTコーナーとの高低耳キン。まあでもフェス気分でちがうユニットが出てきたとおもえばいいか(なにかと肯定しようと心がけるタイプ)山田くんの山田くんが炸裂してて山田くんだった。

  • 9.reload

いえーいこれ聞きたい曲だったんだ!白いスーツにハット芸もあって通路ステージで舞ってたのかっこよかった!

  • 10.ride with me

今年のイントロオブザイヤー。大サビ前に無音で9人が踊るところ足音が会場に響いてどきどきしたよ。そのあと暗闇から「光のないこの世界を生きていく運命なんだろ」って歌いだすと背中から光が集まってくるのかっこよかった。名シーン!

  • 11.瞳のスクリーン

わーい知ってる曲だ。なぜかシングル買ったんだよ。また見れた!

  • 12.over
  • 13.candle

フルで歌っててふだんパートが確認しづらいメンバーのソロを声が確認したくてめちゃめちゃ集中して聞いた!伊野尾さんの歌声キャラに合いすぎだろ!

  • 14.super super night

知念・藪・中島のユニット曲。キラキラの衣装にディスコ調な振り付けでノリノリでかわいいのに3人がつけてるのは、ひげメガネ。イメージとしたらサングラスじゃないの?アフロまではあれだけどひげメガネはないよー。ただの小道具じゃん、曲のイメージに乗せてよ。でも長身2人に挟まれてセンターで踊るちねんくんのセンター感が誇らしげでかわいい。

  • 15.愛すればもっとハッピーライフ

メンバーを模したというオリジナルキャラがモニターに登場するんだけど、まったく似てないうえに全体的にぼんやりした顔してて謎の…てこれわたしが初めてみて衝撃だっただけで語りつくされた話だったりするんでしょうね。まあカワイイ?カワイイか。このキャラでなんか商売とかできるのかな、とかゲスなことを考えてしまいました。

  • 16.school girl

初めて聞いたんだけどなんの目的もない曲でわらった。「夜更かしして爪磨いてた」「ノートにうさぎの落書き」「小さいランチ」とか女子学生のあるあるをひたすら羅列してさて終わっていった…。共感とか批判とかまったく含まずこれをじゃんぷが衒いもなくきゃっきゃうたうの平和すぎ。

ぎたあああああああ。あがりまくり。この曲を土曜の夜にみるために来たといっても過言ではないのだ!ハア生でみてもほんとに名曲だな。たぶんフルで完全振り付けで見れるのこれが最初で最後だから(つぎのコンサートではお手フリ曲になるのでは?)ほんとうに感激しながら鑑賞してました。この曲のOP1分半を見るために金田一少年neoを毎週リアタイし、買わせていただこうと決めたときにはもう初回版が入手不可能というせつなさをこの曲をみて爆発させてやったぜ!サイコー!!!
ジュニアがわらわらでてきて光るバケツみたいなのかぶってた。パトラッシュ、おれ意味が分からないよ…。

  • MC

おもってたよりすごいおもしろくて、全員のバラエティくれよ!みたいよ!熱望したくなるくらい安心のチーム感あった。伊野尾さんのことを「いいタイミングでぽっとおもしろいこと言えるんだよな、いいな~」と八乙女くんがうらやましがってたのが共感しかない。まじずるいから伊野尾さんは。「おい、ハードルあがるだろ。俺のタイミングでいかせてくれよ」っていつものこと如く無感情でたしなめる伊野尾さんとか、圭人の歌下手とか、デブネタとか、こういう定番の流れをちゃんと成立させる(初見のわたしでもたのしい)ってうれしいし、結構強みなのでは?テレビなどの露出で一切しらないキャラをここで認識させるって難しいものだよきっと。

  • 18.明日へのyell

いえーい!サビぶちあげきょく!!タオルないからボールペン振り回した。

  • 19.ゆーと叩いてみた
  • 20.コンパスローズ
  • 21.dash!!

じゃんぷとバンドは許容しなければいけない事なんですか?ずっとやってるけど。もうそういうもんだって思わなきゃいけないの?

  • 22.magic power

バンドじゃないほうじゃんぷが踊るわけですが、これまでよりもずっとゆるく良い意味で適当なニュアンスで踊ってて今まで決めきめでやってたから手抜きダンスのほうが新鮮で凝視してしまった。

  • 23.yes!

山田・高木・八乙女のユニット曲。圭人が英語で口上→モニターでコント→曲という流れだったんですが、間のコントが不要すぎて唖然。圭人から曲のほうが断然世界観でたし、高まったのに。あとこの曲初めて聞いたんですがジャニーズらしいセクシーな曲を演じている3人の立ち振る舞いは完成品として出せるやつだった。

  • 24.oh!アイドル

有岡・岡本・伊野尾のユニット曲。往年のアイドルを演じていて楽しい曲。有岡くんと伊野尾さんはこういうふざけ曲のとき「たのしい」て顔できるから素晴らしいですよね。ちゃんとやるけど心ではニヤニヤしてるという約束事をちゃんと表現できるのは偉い。氣志團とかとおなじスピリット!いや真顔でこれを遂行できるオカモトケイトのほうが肝据わってるのかもしれないな。とにかく絶妙な空気感つくれててうまかった。曲はきいてるだけで参加するだけでたのしいのでこれは盛り上がる!
このタイミングでこの曲っていうのがよく分からんな=大宮SKのタイミングってあそこしかなかったわけだね!みたいな数年越しの納得を得れた。

  • 25.forever

マジックみたいなパフォーマンスが前説に。

  • 26.come back…?

パフォーマンスだけで集中させて見入る魅力があるのほんとすごいよ。ファンじゃないわたしをひきつけるのすごい。メインステでのメンカラーをモニターに出して踊ってんのすばらしかった。もっかい見たい。演出や照明を駆使して満足させるっていう行為がもうかっこいいし、息を呑みすぎて呼吸できなかったまじで。もっかい見たい。あのモニターと照明の演出はDVDとかでは完全に味わえない代物なので体験できてうれしかったです。もっかい見たい。

  • 27.僕はvampire

これも生で見れてうれしかったよー。

どりかむ!!なつかしい!!!まだやってる!!!お手フリお手フリ!

  • 29.ultra music power

UMP!!わーーーーー!

  • 30.明日へのyell

2回目(メンバーが会場をめぐるver.)タオルないってば!わーーーサビいいねサビしか褒めなくてわるいけど。この曲は今後のディスコグラフィーとしても重宝しそう。

  • 挨拶

藪くんが「僕たちはここ横浜アリーナでうまれたグループなのでここは特別な場所です」なんつっていいこと言ってたんだけど、それをステージ上で聞いているメンバーが8人とも前で手を組むお辞儀前スタイルか、後ろで手を組む警備員スタイルで立っててちゃんとまっすぐ整列してんのほんとに真面目な集団だなーって一番強くおもった!まじめ!

  • 31.aino arika

ここからアンコールですが、本編終了後に「アイノアリカは!ねえアイノアリカどこ?」てアイノアリカ難民になってパニック起こしてたのでイントロ流れたときうれしかった。欲をいうと本編でちゃんと踊ってほしかったけど、まさかやらないのでは…と恐怖を感じていたのでよくわかんないけどほっとした。アイノアリカ!!!ねえUMPとかやめてアイノアリカやらない本編で?

  • 32.サム&ピンキー
  • 33.スクール革命

会場をかけめぐり感謝を表す幸せな空間でしたありがとーーーー!

まとめ

セットリストは検索して出てきたの適当に貼ったので責任とれないよ(ひどい)やあじゃんぷくんたちまじかわいいね!ぽかんとするところとか、びっくりするところ、意味が分かんないところいろいろあるけど、全部含めてフレッシュな感情でハートを刺激されたので総合すると「たのしかった!」あーばかみたいな感想だ。
余所者ながらいろいろかんじる部分も少なからずあったけど、そういうのぼやぼや考えながら頭がついていけないヨーみたいなのも久々の体験でおもしろかったし、でも1曲1曲のパフォーマンスで物足りなさを感じることはほぼなかったです。見てるほうとしてはいちいち希望があって「踊ってほしい」「笑ってほしい」「全員で同じ方向見ててほしい」とかぐだぐだ垂れたりしがちだけど、ちゃんとお客さんがみたいものとは?という視点で作られたコンサートであると感じたし、その発想で造られたコンサートを体感できてうれしかったです。たとえその視点が明後日向いてたとしてももういいよ。ぜんぶ見せたかったんだよね欲張りじゃんぷかわいいよ。強いていうのならもうちょっとアルバムの曲やってほしかったな(予習してきたからねわたし!)
あと分かりきったこと言うけど、9人で踊ってんのまじでかっこいいよね!複雑なフォーメーションをこなし、隙間をぬって移動して、力強く踊る!それを9人で!!知らない曲とかあったけど、そのパフォーマンスに見入ってしまいまったく飽きることなく興奮の連続でした。
だた逆にこうやって思い返したときに出てくるのがめっちゃガツガツ踊ってるシーンだけで、普段は踊れよ踊れよと祭囃子のごとくアイドルにとことんまで踊ることを求めている私なのにまさか食傷していたのかもしれない。あのレベルで踊ってくれてんのにひどい話だなまったく。いや全部かっこいいからさ。もっと魅せるではなく盛り上がるに焦点をあてた踊る曲があってもよかったのでは?
そういうわけでウィークエンダーまじで最高だし助かったし至高な時間だった。それが言いたいだけです。ウィークエンダー(と明日へのYELL)は今後のコンサートにうまく活用してほしい最新曲ですね!
コンサートにいってもっともうれしかったのはじゃんぷのことが好きになったこと!これが一番大きい収穫!ファーストクラスもぬ~べ~もリトルトーキョーライブも映画も見る、たのしみ!このライブのDVDでたら絶対かう!そういえばパステル見たかったな…。