読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とうふ油

とうふとアイドルについて

大野智さんお誕生日おめでとうございます

大野さんお誕生日おめでとうございます!!!!34歳めでたい!!!!やったあああ!!

こうやって一方的に祝うのって着地点が見当たらなくてあんまり得意じゃないんですが、なぜだか今年は特別わざわざ文字にしたくなった。きっとハワイ関連の涙と告白に引っ張られちゃったからだろうな。
わたしは大野智をできるだけずっと見てきたつもりだけど、結局なんにも知らなかったんだなと思い知らされた。これは悲しい意味じゃないよ、わたしなんかが知った気になれるほど大野さんは単純ではなかったという当たり前の話。

どこか勘違いしていたんだと思う大野智という人を。
超合金で出来ているアイアンマンとでも思っていたのだろうか。うしろでゆらゆらとメンバーを見守る安心感とすべてを委ねてしまいたくなる包容力があり、感情の起伏が少なく、ちょっとしたことでは動じない鉄人のような存在だと勝手に頼り切ってしまっていたんだな。
でも大野さんは人間だった。言ってしまえばただの人間。(いや実際はちょー可愛くてちょーかっこよくて自然体の独特の魅力をもった大野智という特別な人間なんだけど。)とにかくアイアンマンでもヒーローでもなかった。

ハワイコンサート挨拶での「あの頃のもやもやはありません。これからも一緒に生きていきましょう」と決意の涙を流したことや、VS嵐でお酒を飲みながらよかったよかったと感謝の言葉とともに泣いた姿、NHKドキュメントで辞めたかった時期があると告白したこと。どれをとっても自分の感情と気持ちに寄り添って生きてきた証のような15年を確かに感じた。
大野さんだって嫌になって逃げだしたくなることもあるし、仲間や環境に感謝して泣くことだってある。そんな当たり前のことがどこか美しく思える今日はそんな日。
大野さんの魅力のひとつでもあるどこか浮遊しているような存在感に見とれるあまり勝手な幻想を抱き、ある時は仏のように、ある時は神様のように、ある時は猫のように、、、都合よく敬っていたけど*1、今回ハワイ関連のテレビ番組をみて、やっと初めて大野智がただの人間であるとリアルに感じられた気がする。そしてより好きになった!


知らない大野さんが知れたことがうれしい。
それと同時に、いままで知らせずにいてくれたこともうれしい。
矛盾しているけど、どっちも正直な気持ち。15年目にして素直にまっすぐにありのままの姿を見せてくれたこと、とびっきりドキドキしてすごくうれしかった!
別にいままでなにか隠し続けたわけじゃないだろうし、機会があれば話していたかもしれないけど、それでもなんの因果かこの15周年という節目にメンバーの前でいままで聞いたことのなかった話が本人の口から聞けるのは特別な意味があったように思う。
今まで日記をつけていたこと、辞めようと考えていたこと、デビュー当時のハワイでの不安…言わずにそっと胸にしまっておきたくなるこれらの話をいまのタイミングで言葉にしてくれたということ、正解だったかは分からないけど、ひとついえることはこれによってわたしは大野さんに対して広い広い海のような絶大なる信頼が押し寄せて止まらない。

我らがリーダー大野智
ついていくしか選択肢ないわ!!!!!34歳も、その先も!

*1:10周年のとき相葉さんと一緒にホテルの部屋で泣いたことも、先輩や後輩たちとお酒をのんでへろへろになることも聞いたことはあったけど、なぜか妖精さんの振る舞いのように感じていたりした