読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とうふ油

とうふとアイドルについて

地方民にとってのあらし

ライブ

宮城BLASTおつかれさまでした!!!!
わたしは予定があったのとシルバーウィークの前後に仕事で地方に行かなきゃいけなかったこととで都合がつかず、最初から申し込みすらしない、FCに入って初めての体験をしました(ツアーは当ててくれ頼む)

8年ぶりの宮城。震災後初の宮城。復興なんて目的がどこまで本気で達成できたのかは分からないけど、わたしは確かに地方にあらしが行くことには意味があったとおもいます。
「大好きなあらしがこの街のどこかにいる」東京に住んでいるとピンとこないような喜びですが、地方民にとってはたったそれだけで、同じ気候を感じていることだけでうれしくてたまらなかったりするのです。わたしは上京して4年が経ちましたがこの得も言われぬ興奮を、今回の宮城BLASTで思い出しました。

ファンになってすぐ高校生だったわたしは京都に住んでいました。映画のキャンペーンで関西ローカルの番組にちやほやされながら出ているあらしをみて、東京でやってる全国の番組やレギュラー番組を楽しんでみる感情とは別のソワソワしたうれしさがありました。近くにいる興奮だけじゃない…なんていうんだろう、歓迎したい気持ちがふつふつ湧いてきて。よく海外スターが来日したとき空港でファンに囲まれてるかんじ、もちろんそんな追っかけみたいな迷惑になるようなことは絶対にしないんだけど、でもそれくらいの熱気をもって歓迎したい!ようこそ!ウェルカム!イェイ!って出迎えたくなったんだよね。ローカル番組で関西芸人に「なんで?」「ほんで?」と詰め寄られながらてへてへする姿、すごくキュンときてたまらなかった。*1

それから何年かしてにのみやくんが大奥の撮影で京都にきました。撮影情報…、うーん漏れたんだか漏れないんだか、まあ熱心にリサーチしてるひとはいろいろ詳しかったんでしょうけど、わたしの頭では京都で時代劇といったらもう太秦なわけですよ!なにも知らないし本当に太秦で撮影してたのかどうかも確認してないし、毎日京都にいるわけでもないだろうに、それなのになんとなくその周辺を通るとき心がパヤパヤして落ち着かなかったものです。なんだろうなあの感情(笑)見かけることなんてこれっぽっちも期待してないのに意識しちゃうかんじ。ほんとにバカみたいだけど、こういう思い出ってかけがえないものだったなっていまになって思います。(若かったからあほだっただけです)

それで宮城BLAST!!あらしの資本であるコンサートを、宮城公演のためだけのコンサートを、しかも連日やってくれるっていうのは地元のひとにとっては言葉にならない熱い喜びがあったんじゃないかなって想像して本当に本当にうれしくてたまらないです。
開催前に不穏な報道があったり、道のりがやけにハードだと騒がれていたり、心配がまったくなかったわけじゃないけど、大成功で終わって最高で最高で最the高のコンサートを無事終えれたこと、不参加ながらも心からうれしいです。たまらねえぜ!バンザーーイ!!!
あとねえ、やっぱり地元のひとに歓迎されてたに違いないんだよ!それがもう泣ける。誰が何と言おうとあらしが宮城でコンサートやってうれしかったしたのしかったって感じるひとが増えたんだよ。ううううれしい。そりゃひとっこひとり嫌な気持ちにならなかったわけじゃないだろうけど、でもたくさんの人が自分の街に来て良い思い出作って帰ってくれるってとても尊い喜びだとおもうんですよね。

わたしには経済効果は分からないです。*2でももし参加者のハッピーな気持ちが数字になって表現できたらこれ以上ないビックスコア叩きだすとおもうんだよね!!!!お金という数字でしかこのイベントを外から評価できないのほんとに悔しいよ…っておもうくらい!

あらしが毎年ドームツアーで5大都市を巡ってくれること、想像もできない忙しさのなかで毎年ツアーを敢行してくれること、やっぱりあらためてすごいしありがたいなって思います。でもその中で5大都市まわってるんだからハイもういいよねっていうんじゃなく、その他の地方のひとは都会まで出ていかなきゃいけない現実があるわけで、そこのストレスを風通しよくしてくれるかもしれない、いつか自分の地元にもやってきてくれるかもしれない、もしもそうならBLASTの未来ってすごく明るくて輝きしかないなって!
だってもうスターじゃん、あらしって。こんな言い方アレだけど、でもどう抗ってもどの角度からみても完全に大スターじゃん。だからこその地方公演なんだよ!5大ドームでやらせていただきますぅぅぅへへぇ~~~って恐縮してたのは過去の話で、日本全国からあらし見たいあらし見たいって押し寄せてくる想いを受け取って「よしじゃあ行っちゃうよ、君の街まで!」って舞い降りてきてくれるのが、もしかしたら、もしかしたら、もしかしてBLASTなんじゃないですか???なんて。だとしたらそれは希望だよ。BLASTという名の希望。
正直わたしも(おそらく多くのファンのひとも)5大都市で仕方ないしそういうものだって当たり前に思ってきたことを改めて見つめ直して、横綱としてででーんと土俵にあがってきてくれるあらしチョーカッコイイし、やっぱり君たち嵐だよ!わたしの大好きな嵐だよ!!うれしさがとまらない!!!最高!
限られたひとにしか供給されない幸せのための活動に収まらず、大げさかもしれないけど本当の意味で世界中のひとに楽しんでもらいたいっていう気持ちをいまだにもっていてくれる(のかな)って思わせてくれるとこ、だいすきだいすき100満点!!!

*1:大阪にはツアーやキャンペーンで比較的よく来るのでそれ以降はだんだん薄れてきたけど、この初回の興奮は忘れられない!

*2:経済を回すことだけが目的のコンサートだったわけでもないだろうし