読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とうふ油

とうふとアイドルについて

ARASHI LIVE TOUR 2015 Japonism

ライブ

忘れないように書いておく!!!
会場では白やオレンジにぴかぴか光ってたペンライト、いまは5色にしかならないの魔法が解けたみたい。ペンライト握って昨日のこと思い出してまたうっとりしてる。

OP

アニメーションになった5人。キャラデザはどっかの大学のCM、または心が叫びたがってるさっぱりした顔だった。あんまりメンバーの判別できない…似てるとはいえないやつ。

現代から過去の日本にタイムスリップ(戦の場面とか、竹やぶとか、城とか…)そこから過去を知った5人はそれぞれにハッとして「今をどう生きる?」と問いかけてきます。
原点回帰や継承、日本らしさなどがモチーフといわれてたJaponismはこの問いかけから始まりました。懐古や踏襲がしたいわけじゃない、そこから学び育み発信していくという理念みたいなのが漂う言葉だなっておもいました。
アニメのなかで、城下町を見下ろす潤くんが城の殿に「いい街じゃろう。刀ではこの街は作れぬ」って声かけられるシーン、意味ありげで、どういう解釈をすればいいんだろうってずっと考えてる。

Sakura

オープニングからの流れだと、この曲やけに輪廻づいて聞こえるからふしぎ。転生を繰り返す過去と現在の融合みたいな。
sakuraはイントロが緊迫感あっていいね。この曲だけじゃないんだけど会場がキャアアアってものすごい興奮で騒いでるのに、まるで聞こえてないみたいに涼しい顔でおどってるのずるいよね。ステージだけ別世界。
コンサートにきて生でいまそこに嵐がいることって夢であり事実であり得もいわれぬ体験だけど、なのに、それなのに、こっちのこと眼に入れず反応もなくパフォーマンスに徹してるのすごく好きです。分厚いぜったいに割れないガラス越しにあっちの世界を見せていただいてる…!!

あいさつ(1)

なんと!ここであいさつ!

大野「ナゴヤドームの皆さん。こんばんは嵐です」
櫻井「Japonism、テーマは原点回帰。僕達は考えました」
相葉「日本に生まれ、様々な人と出会い、今の僕らがいます」
二宮「本日はジャニーズのエンターテインメントをご覧頂きます」

ここで驚く。なんと5人が正座して並んでる!歌舞伎の口上のように!!!
f:id:toufux:20151107034600j:plain
歌舞伎メイクはしてないです。ここで松本さん「それでは2015年嵐ライブツアーJaponism、隅から隅までずずずいーっと、お楽しみ下さりましょう!!」
どうだい?しびれるだろう?会場が飲まれる音聞いたね。ごっくんって。あらしの喉元とおった音が大きく響いた。

miyabi-night

口上あいさつからのミヤビナイトのイントロすごいハマり良くてほんとに気持ちよかった~~~~。
一部に心の空の振付が入ってる??似てるだけ??とおもってたら、あとで出てくる心の空では該当部分はカットされてました。振付の移植!そんなんありかい!がっつり踊る心の空が好きなひとは注意して見といたほうがいいかも。

大野さんがやたらふにゃ~っとした顔してた。もうさ、さとしが笑顔だと心のよりどころになるね。なんであんな力ない笑顔を突然したのかまったく説明のつかないタイミングで笑ったんだよ。どこを見るでもなく。雰囲気とか空気まるごとぜんぶに頬がゆるんだかんじ。ここですごい安心した。
大野さんの笑顔に頼ってこれからもよりかかっていきたいです。最高だな、嵐。

ワイルドアットハート

なんと和アレンジでっせ。三味線ベンベン鳴ってまっせ。えらいこっちゃえらいこっちゃ。
モニタの映像に小判がじゃらじゃら舞ってたの笑った。たぶんイメージとしてはワイハの強気で勝気なとこに札束舞わしたかったんだろうけど、それを和アレンジに…?小判を空中に飛ばした映像見れるの、いまんとこ世界でジャポニズムツアーだけだと思うんで。ぜったい見て。意味わかんないから。

歌いだしの、アーアーアーって声が高くなってハモっていくとこ、最後の高音担当にのちゃんさんが><「アー」って顔つぶしてんのかわいかった。

troublemaker

がっつり踊ってました。トラメ流れるとアガれってプログラミングされてる4万5千人。どんなアレンジだろうがおかまいなしに盛り上がるよ。
ダンスがちょっと変更されてましたー。大サビの部分、ラインダンス?みたいにジュニアと一列に並んで、前や後ろや横に腕を伸ばして
f:id:toufux:20151107024538p:plain
画力よ・・・。ごめんごめん。こんなかんじ。絵書いたほうが分かりづらいってよく言われるんだ。

山のハートビートはちゃんとある。安心してください、ハートビート輝き秘めてますよ。
今回はなんとハートのなかに遠近法で潤ちゃんが収まるというかわいい&かわいい&かわいいのやつあったよ。
f:id:toufux:20151107025517p:plain
じゅんちゃん真ん中でこんな顔してほっぺに手あててキャーしてた。おどけじゅん。いとおしい。
そのあと5人で肩に手をのせてステップ踏むとこで潤ちゃんよれて大野さんによりかかってました。ふふふ(笑)って本人もちょっと笑ってたし、それに対して大野さんもンフってしてたのハッピージュンチャンすぎた。

モニタは5人の百人一首の札みたいなのが無限に羅列されてる、うぅ…ってなるやつ。毎回モニタ芸たのしすぎ。

青空の下、キミのとなり

オリジナルで踊りました。改めて聞くとかなりドラマティックだねこの曲。
この曲で悦に浸ったダンスをするにのみやくん、ほんとに最高。ダンスのキレとか表現とかよりも、手先、足先をもてあましてるような余裕のある踊りをするんだよね。うまく伝えられないけども。そんで自分が歌うパート以外は伏し目がちでダンスに徹してる存在感にもう夢中。

あいさつ(2)

こちらはいつものあいさつ。順番と内容をざっと

松本「名古屋!久しぶり!会いたかったぜ!!会いたかったぜー!今年一年本当にお世話になりました!その感謝の気持ちを込めて!……45000人幸せにします!」

二宮「いらっしゃいませ!いらっしゃいませー!盛り上がれんのか!もっといけんのか!まだまだいけんのか!OK、その調子で最後までよろしく」

相葉「ねえ足んないってよ!まだいけんだろ!いえー!サイコーだぜ!」
*足りないってよ?と呼びかけてますが、誰も足りないとは言ってない。

大野「ハァーイ!ハァーーイ!ツアー初日だよ!いけるかいー!よし!じゃあいこうかー!あらし!ジャポニズム祭り!\でぃっ!/」
いけるかーい?って聞いてくるのかわいいよ。

櫻井「調子はどうだ名古屋!上の方調子はどうだ!下の方調子はどうなんだ!ヘイ名古屋!俺達はもう準備出来てっぞ!!皆はどうなんだ!」

Make a wish

さわかやでいい曲ですよね。なんかあっさい記憶しかないのは、バクステから移動する最中に歌ってたからっていうのと、なんと1番の終了時に二宮さんがはけていくのが見えたから…!うおおおおおおお次ソロくるじゃんんんんnってしてたら集中できなかった。
にのみやくんね、降りてステージの下のもぐりこむんだけどそのとき周囲のファンにふんわり手振ってにこってしてた…まじでかわいかった。あれを…あんなものを…照明も浴びてないうえに局地的にぶっ放すのみて、疑似的に死んだ。疑似死。

ここで本日のにのみや情報をお届けします、前髪は左分けでけっこう後ろからがっつりおろしてた。初日の緊張感で汗だくになる場面もそこそこ見受けられてべっとり張り付いいたままで何曲もやってたよ。昨年の初日も汗が(二宮さんにしては)尋常じゃなかったし、なんか年々追いつめられると汗よく出るようになってる気がする。遅咲きの発汗機能。どんどん人間らしくなっていくのおもしろい。
昨年の初日なんてひざの裏から汗が止まんないよ~異常だよ~って戸惑ってたし。え、なにそれかわいい。1年越しにかわいい。へんなとこから汗でてうろたえるのかわいい。1年経ってもこのかわいいまだ有効だ!ぜんぜんかわいいイケる!
汗のせいで髪がふわふわして熱を発してたの生命力かんじる~~~~。

MUSIC

だあああああああキターーーーーーーー!
まじでまじで今世紀最大にかわいくて素敵でした。とにかくキュートでファニーでプリティで…あとなんだ?とりあえずそういう類の単語ぜんぶあげたいぜんぶ。
うまく説明できないんだけど、まあ落ち着いて読んでくれ。君たちの解読能力にかかってるから。

真っ白の小細工たっぷり衣装をまとったにのみやくん。唯一色があるのはステッキ(ライトセーバーみたいに色が光って変わる)。おもむろにステップを刻むとタカタカタンッ、タカタカタタタンッ・・・・・タップしてる!!!
は…。タップしてるよ???は…。息するの忘れたんで、この瞬間のドームの二酸化炭素量ちょっと減ってたとおもう。足さばき早いし、タカタカ踊るし、あとさタップのときの上半身の繕ってない動きね。これがまためちゃんこかわいいんだから!ステッキ使って得意げに踊ってんの。タップほんとに音出ててちゃんと踊ってるんだけど、たまにピコピコしたおもちゃみたいな効果音なるの。
にのたんがおもちゃになって遊ばれてるみたいに、ステップにあわせて「ぽにょぽにょ」「ぴこぴこ」にっこり笑顔のにのたん。ウッウッウッ…かわいい。ただただかわいい。だってよ?あんなかっこつけの自我の塊がかわいいこと覚えてあざとくかわいく生きてるってだけで毎日こころ鷲掴みにされてんのに、さらに人工調味料で「カワイイ」の味付けたっぷり振りかけられてばさばさ粉つけられて提供されてんのよ?やばいでしょ?まえに誰かに教えてもらったんだ、人工調味料ってひとを病みつきにさせる魔法がかかってるんだって。

はあ・・・ごめん、まだ続きます。この曲、音楽用語がたくさん出てくるじゃないですか。
その単語に合わせてポーズとって踊ってんのも沸点超えでかわいかった。きゅるきゅるしてる。目も口も関節も、にのみやくん全身きゅるきゅるだ。
間奏…なんと…ひとりでドームのど真ん中で音ゲーはじめます。
f:id:toufux:20151107033523p:plain
上から見た図です。足跡に合わせてにのみやくんがステップ踏んでそれがダンスになってる!わーお!まじかよー。憎くてかわいい仕掛けでしょ。もちろんゲームではないからにのみやくんはときめきたっぷりに正面向いて踊ってるんだけど、それがピッタリ足跡にハマってて、まるで得点を獲得してるような演出。ハァ最高。
曲が終わってはけていくときも動きにぴこぴこ効果音がついてて「んもぅ」ってぷんぷんしてる演技かわいかった。
たまらん、一生この曲の話してたい。

この曲、間奏のまえに「掟破りな程に広がるラブソディ It's like a magic!!」って高らかに宣言するの最高じゃない?It's like a magic!!まるでマジックのようだ!ほんとうに魔法なんだよ、やっぱりいまここドームでわたしが魅了されてるのは魔法なんだ~~~。カエルでもなんでもなろう。
間奏明けの、みんなのお楽しみ「ミュージィっク♪(v^ー゚)」をまちがえて飛ばしてしまったのもにのみやくんの魔法にかかってたから意識が消えてたってことにしてるから。ニノチャンが忘れたんじゃないよ?魔法だからね?

Don't you love me

じゅんソロだよーーー。
ソファに寝っころがってる潤が歌い始める。メインビジョンに映ってるのはあっちの潤、こっちの潤、そっちの潤、潤、潤、潤…。あらゆる潤ちゃんがマルチアングルで!
うたってる潤ちゃんすごい軽やかで気持ちよさそうだな~~っておもってたら、軽やかさそんなもんじゃなかった。なんと、潤ちゃん逃げます。何者か(ジュニア)に追いかけられてステージを縦横無尽に駆け回る!転がったり飛び上がったりステージに飛び移ったり、アクロバットとはちがうけど段差や距離を利用してメインステをびゅんびゅん飛んでました。
マリオみたいに飛び回ってた。往年のやつじゃなくて3D化した立体版のあたらしいやつ。じゅんちゃんがジャンプするたび「ワッホーイ」ってマリオボイス充てたい。
しかも追うジュニアにもカメラついてて、ビジョンに映るのは「潤くんを追いかける目線」すごい躍動感とリアリティでおもしろかった。

逃げ終えて、ふいーってソファで一息ついて、インザルーム。

イン・ザ・ルーム

イスプレイ。みんなだいすきイスプレイ!
ソファとか、高級なかんじのふっかりしたイスにそれぞれ腰かけ悩ましげにうたいます。座り方、それぞれがそれぞれに憂いてた。ひゃードキドキしちゃうね。二宮さんイスに体育座りしてたように見えたんだけど、闇かかえててゾクゾクしたね。
f:id:toufux:20151107040849p:plain
櫻井さんが高級感あふれるイスにでっぷり大きく、なにかを支配した成功者にしか許されない座り方してて似合ってた。強気な櫻井さんだいすき。
支配、櫻井。…踏んだね韻。
f:id:toufux:20151107105129j:plain
この顔してた。

大サビのフェイクのにのみやさん、なんか、ガナってた。ぜんぶ濁音で吠えてた。


待ってましたの歌いだし二宮さんソロの「ルージュ…」がなんと会場に聞こえないミス!どっかーーーん。これたのしみにしてたのに…。二宮さんは歌ってたんだけどマイクが入らなかったっぽい。こらー!担当者でてこいこらー!!!!
最初ね、わたしがあまりにもルージュを求めすぎてちょうどこのタイミングで脳みそがクラッシュしてなにも耳に入らないモードに入ったかとおもったんだけど、ちがうねって気付いたし、二宮さんが歌ってんのこの目でしかと確認したから。わたしも悪くない、二宮さんも悪くない、・・・・こらー!おい担当者こらーーーー!尻出せよー!

マスカレード

大野さん振付だそうです。
昭和歌謡に合わせた振付で、ビシビシ芳しく踊ってる。気取っててかっこいいよ。気取ってる嵐っていいよね。気取っててもぜったい鼻につかない嵐、いい。
ショータイムみたいなベカベカした演出でライトアップされたステージでかっこいいひとがかっこつけてるという国が許す娯楽の最終形。さいごに水を口にふくんでブワァって天めがけて吐き出すシーンすてきだった。影と光の加減で水しぶきがうまく噴射されててうつくしかった。水がはいってるボトルも往年のウイスキーボトルの形状してて世界観…!だいじ!正解!
大野さんいわく「水吐くの汚いっておもうじゃん?でもやりたかった」とのことだけど、ハッキリと美しくてきれいでした。めちゃくちゃ会場盛り上がったし、二宮さんによると会場の反応に満足した大野さんはおもわずこの曲でドヤ顔してたそうです。さとしかわいいね。自分の演出で盛り上がったのうれしいってそのまんま隠さないのかわいい。
f:id:toufux:20151107110414p:plain
イメージこんなかんじ。いや衣装青いしもっと派手だしけっこう違うけどわたしのもってる画像の中でいちばん近いの選手権したらこれが優勝した。

ずっと踊ってるよ!このへんにくると改めてフィジカルの強さをかんじる。ドームのステージ広いし、1曲のフォーメーション移動もかなりあるはずなのにキレが持続してるのすごい。にのちゃんさん痩せるはずだわ。

Happiness

hashiridase-!

ハダシの未来

rikutsujanakute!

GUTS!

ハピネス、ハダシのラインにGUTS!が加入するの心待ちにしてたからうれしい!いつものナンバーになってきた!これからよろしくお願いします~~~

愛を叫べ

きたぞー!愛を叫ぶぞーーー!
あの、今更セットの説明するのほんとにあれなんですけど、センターステの床にもモニタがあるんです。(にのソロの音ゲーも床に演出がついてた)この曲でも抜群に効果もたらしてて大きいハートになったり、メンバーが順番にアイアイするとこにメンカラーの帯がかかったりかわいくてポップな演出になってました。
宮城行ってないから初愛を叫べだったんだけどフルで歌ってほしかったなー。Make a wishはフルだよ?おかしくない?いやMake a wishは悪くないけど。でもさこれがフルでアイアイがワンハーフって現実ざんねんすぎない?ごめんねMake a wish、引き合いに出しちゃって。まあMake a wishなら許してくれるとおもうけど。

終始にっこにこで楽しそうでハッピーパウダー振りまく曲で最強だよね。おしり振るとこでちゃんとみんなのお尻を捉えてモニタに映ってて癒された~~。結婚しようねみんな。

MC

気が向いたらまとめます。
愛を叫べの終盤で銀テが噴射されるんだけど、直後に潤くんが「いま話してるよー。拾ってないでこっちみてー」って平坦にいってたのおもしろかった。

ニノソロが好評でよかったという話から、二宮「よかった。ソロ終わるまではふわふわしてるからやっと落ち着いたかんじ。3人(大野櫻井相葉)はこれからですからねー。それはそれはすごいもんがでてきますから!すごいことやってますから!!!」ってハードルあげてからかってるとき、櫻井さんは「やめろよー」って相手してたけど、相葉さん「・・・・。」無言で苦笑いしてて、ウウゥマサキちゃん…ってちょっと苦しくなりました。だいじょぶだよ!だいじょうぶあいばくん!!!
末っ子2人「俺らなんて前座みたいなもんすから」晴れやかな笑顔。

日本よいとこ摩訶不思議

いえーい!お待ちかね。ぶんぷくちゃがま!
ワッショイショーイのあと潤の「レッツダンス」、TRFのロンゲDJみたいに言うの最高だよね。レツダーンス!イーズィーダーンス!
大宮がバク転するためにちょっと距離とるところ好きだった。後ろにすいすいーって下がるときなんの躊躇もなく距離測るのね、そんで2人で向かい合ってロンダートからバク転するんだけど交差地点がぜんぜんセンターじゃないの!!!おい!しなやかに下がる動きがあまりにもソツなかったからときめいたのに、ズレるんかーーーーい。かわいいね。
あとバク転後にすみやかに体系に戻る大宮ちゃんのそそくさするかんじもキュンとした。一回正面を確認するためにキョロついてからさささーってみんなの踊りはじめるの。かわいいね。
レッツダンスのあとの手広げて上下する動き、膝こわしそうだなって毎回おもう。ちょっとエムステで確認してみて。あれ相当キツいでしょ。

ジュニアくんたちもいっぱい出てくるんだけど、衣装が往年のアイドルルックで統一されてて見応えありました。キラキラしたハッピとか、頭に布巻きつけてたりとか。なんか龍がうにょうにょしてたり。ジャニーズ詰め合わせパック。あれなんだ?いやあれもおかしい?あれって?…ずっとこんなかんじよ。
ところでジュニアくん、初めて(じゃないかも調べてない)のユニットが参加してた。じゅんくんがジャニーズ現場に通ったときに狩ってきた子たちなのかなーとちょっと注目して見ちゃった。ジュニアくんたくさんいるけど、ペンライトで制御された色とりどりの5万人の景色はなかなか見れるもんじゃないし、あれきっとステージでみてるとえげつなく感動できるとおもうからいろんな子に体験してみてほしい!けど、なかなか誰でもどうぞってわけにはいかないんでしょうね。一生に一回でもこの景色みたら、死ぬ前に思い出しちゃうかもわたし。

メインビジョンにはラップのとき昔話みたいなほんわか紙芝居映ってたよ。

君への想い

ジャニーズに入所(っていう言い方でいいの?)した日から活動してきたこれまでの写真がビジョンに流れます。思い出映像ターン。
最初に先輩のユニット名が浮かび上がって、5人が入所日順に紹介されて、メンバーの画像。原点回帰、ジャニーズとは?ってことで入所日を起点に振り返るのは今回のツアーならではかもしれないですね。
ほんとのこというとセンターの席じゃなかったからあんまりちゃんと見れてない。しょんぼーり

Rolling days

さくちんソロ!!!
あのね。なんていうかね。これぜんぜん批判でもなんでもないんですけどね。あのね。やっぱ言うのやめる?やめとく?

(・・・スゥ)笑っちゃったよ!!!!!どうなの?これ曲とちゃんとハマってます?さくちんはすごかったの。タンタカ太鼓たたいて、スティックさばきも見事だったし、練習お成果みたいなのちょうかんじたよ。緊張感バリバリ伝わったよ!!!でもなんか、この曲をきいてて鼓の音をそんなに重要だとおもってなかったし(いまでも思えないし)ああ、そこフューチャーしちゃいますう?っていうおもしろさあった。あと真顔ね。ほら曲がシリアスだから。真顔で軽快にたいこたたく。え?ってなるでしょ。
赤いジャケットに太鼓たたくの兵隊さんみたいだね。

Mr. FUNK

aibaソロ!ファンクさん!!!
気球からぶら下がった大きい布にからまって登場して、エクササイズみたいな踊りして、また気球でアクロバットするっていう理解することを求められてないすごみあった。ディスコスターばりばり意識しまくてって滑稽な動きでうたってるのいとおしい。
なんかもう世界観がめちゃくちゃなのよ。とつぜんジュニアくんたちに掲げられて天からの光を浴びたり、競技前の選手をサポートするシーンあったり、そこから腕の力だけで布を昇るほんとにすごい技繰り出したり・・・なんでもあり。それでいいんだ。昨年からそういうことになってる。
f:id:toufux:20151107050808p:plain
シルクドソレイユよ。

これやる前にイスに腰掛けてタオルで汗を顔から頭からばんばん雑に拭いてるとこかっこよかった。仕草が別冊マーガレットのヒロインが好きなサッカー部の先輩。

FUNKY

ぜんぜん覚えてなかったけどなんとかなるもんですね。
会場が同じうごきでペンライト回してるの壮観で最高だった。みんなーさいこうだったよーありがとう!!!!メンバーもキャイキャイ笑っててたのしそうで、あらしがたのしいのが一番うれしいから、わたしはじんわり幸せを噛みしめてた。踊るふりしながら。

いちいちにのみやくんが小首かしげてキャワキャワしてた…!!

bolero!

忙しない曲だねえええって改めておもった。コーラスを言うべきかどうか迷ってる周囲のお客さんかわいいよ。だれも言ってないけど言わなくていいの?って様子うかがってるのに、曲がどんどんハイスピードで過ぎていく刹那。あっというまにおわったな。
モニタ、ジャングルみたいになっててフラミンゴが火星のまわりをぐるぐるするっていう視覚にインパクトのあるかんじでずっと見てたから、あらしのことあんまり覚えてないんだけど、あいばくんの衣装ぼうし付きでかわいかった。

やっぱこの曲、狂気だよね。ぜんぜん理解が追い付かない。こんなかんじで戸惑ってんのにあらしさん「この曲いいよね!すき!」っていってるの人生何回目なのかしらっておもってる。

大野さんソロ~~~
傘がつぎつぎでたり、着物が代わる代わる変化したり、ほらあるでしょそういう和マジック。それやってた。
大野さんは手にあまりにも特徴がありすぎて、細くて骨ばったあの指は大野さんしかいないから影武者のひとがわるいわけじゃないんだけど移動系マジックはしっくりこないの、仕方ないよね。とにかく姿勢がいいし、所作がしなやかなので和テイストほんとに似合うーーー大成功!っておもってたら曲になると着物じゃなくなってた。

今回のダンスの振付もたぶん本人がやってるとおもうんだけど、めちゃくちゃ細かくて途中に壊れたロボットぽい動きもあったりで、見応えあったよ。いままでの大野ソロみんな大好きでしょ?じゃあ今回も大好きだよ。やったじゃん!

Japonesque

ジャポネー!!!!
和太鼓と三味線と和笛のパフォーマンス(あらしじゃないよ、プロのひと)、ジュニアくんたちの雅パフォーマンス、色びやかな着物をきたあらしのソツのないダンス…。めちゃくちゃ華やかで上品ですごくよかった。もともとこの曲ちょう好きってのもあるんだけど、なんか風流だったなあ。すべてをミックスして和がごちゃついてるのに品があって漂ってたの、すごく不思議だった。SHOWだった。

傘や扇子をつかったいかにもな演出なんだけど、ジャポネスク、いかにも上等!真っ向からベタを狙いにいってるかんじもしてそのかっこよさもあった。

振付で両手をひろげてゆらゆら揺れるところがあるんだけど、ふつうは手をだして腕を振るところを、二宮くんは袖をチョイとつまんで流し目で色っぽく誘ってていやらしかった。出さずに隠してえろいの本物のやつだからな!ほんとにだめ!ひとりだけお誘いムードだすのだめ!だめだめーーーー!色っぽかったです・・・。
f:id:toufux:20151107053701p:plain
f:id:toufux:20151107053715p:plain

心の空

ジュニアくんと揃って踊ってるの圧巻だったなー。素晴らしかった。
着物脱いだら赤い戦闘服みたいになってバリバリ勝負にいってる衣装。コンサートに1回はこういうのほしい。この期に及んでダンスキレまくりだったの感心しちゃう。初日にしてさっそくおどりが小慣れてきてるのずるい。ザッザッザってステップ踏むとこ国家軍の行進感あってやばい。全員が一斉に上下するうごきたまんないね。

SUNRISE日本

おひさしぶりです元気でしたか。
曲名に日本はいってるから入れてみまんた><の安直さ最高。こういう変なとこ律義なのか、遊びごころなのか判断つかないかんじが嵐コン初日~~ってかんじた。

Oh yeah

おーいえー!
スケステににのたむが寝転んでごろごろして下にいるファンをピンポイントで殺してたので逮捕してください。

Believe

さくちんの気迫あふれるラップがきけたから明日からもがんばろうね!
櫻井さんのラップタイムのあいばさんの動きっていうかノリ、なんでいつも裏打ってんのかな…ってしみじみ冷静に観察してしまっていつのまにか終わってました。

あいさつ(3)

ぜんっぜん覚えてない!すまん!

櫻井「いままではジャニーズがやっていない道を模索してきたけど、立ち返ってみると原点のジャニーズらしさに戻ってきました。進むことは立ち止まることであり、また立ち止まることは進むことでもあるとおもいます」

大野「JaponismにはあらしのイニシャルAMNOSが入ってるよ。」
これラジオで投稿されてたやつですね・

相葉「今回のグッズのやりすぎちゃったカレンダーいかがですか?OP「今をどう生きる?」って始まったけど、僕は先のことなんて考えられないので、いまを生きることで未来につながるのかなっておもってます」

二宮「半年ぶりにお外で飲んだんですよ。嵐とか同世代のジャニーズのひと(辞めたひとも含む)20年ぶりの同窓会みたいだった。連絡先もグループ作って交換した。大野さん相葉さんが全然スマホ触れてなくてこれが老いかと(笑)歴史をすごく感じたしあの頃があって今があるなっておもった。なんにもない毎日を生きてるっておもってるひともいるかもしれないけど死ぬまえの走馬灯が2秒で終わったらいやじゃない?だから今を生きるっていうことの積み重ねは大事だとおもう」
倒置法つかいまくりで話してたので、言葉が完結するまえに誤解して会場がザワついてたの、いつもにもましてひどい。にのみやくんこれラジオじゃないですよ??

松本「先輩から引き継いできたことを考えるツアーだった。僕たちがこれからどうつないでいくかも大事」


ああやばいね。ほんとに忘れてきてる。ちゃんと知りたい人は各自で検索してください。

僕らがつないでいく

この曲やばかったなあ。あいさつの後にきくと、風味が増してくるというか。コクが出てきこえてくる。

さいご、メインビジョンがにのみやさんの目にグウウウウウウーーーーンって寄って、寄って、まだまだ寄って、もと寄って、色素のうすい茶色い目に吸い込まれていくようにしてエンディングのアニメが始まってったのびっくりしたああ。
アニメのあとは1999年9月15日の表示が。そこからどんどんカウントアップしてぐわああああっと数字が動くと、今!つまり2015年11月6日20時25分55秒が…そして刻一刻と刻まれうごく数字。いまここ、この瞬間にナゴヤドームで「今を生きてる」ことを提示されて終わっていくわけです。
OPの問いかけ「今をどう生きる?」の答えはナゴヤドームであらしのコンサートの余韻にひたるが、わたしの回答です!




ジャニーズのことまるで知らないので(あらししかファンじゃない)そのあたりの感慨深さとか懐かしさみたいなのはなかったです。だからむしろ嵐にジャニーズらしさを教えてもらってるかんじ。
それが好きなのか支持できるものなのかまでは判断できなかったけど、嵐を通してみた「ジャニーズ」はとても華やかで意味が必要ない世界観で、もっと知りたくなった。これを機にほかのひとのステージも見てみようとは、まだそこまでは思えてないんだけど、わたしの大好きなあらしが育ってきたものを見せてくれるのはうれしかった。
好きな人の母校とかいくとテンションあがんない?どんな生徒だったの?部活なにしてたの?通学路はどの道???なんでも知りたいし、その環境や歴史に触れるのはとても意味のあることに思えました。

コンサート自体のざっとした感想はちょおおおおおたのしかったしめちゃくちゃ最高だった!
緩急がすごいからスピードだして走ってたのにブレーキかけられて身体が前のめりになるかんじはあったけどね。

だーーーーっと思いつくまま書いたのでちょっと記憶があいまいなとこはすいません。
あと最後の方集中力きれちゃって疲れたのでまたなんか追記するかも。1曲ごとに書きたいこと多すぎて時間がたりないね!