とうふ油

とうふとアイドルについて

「FREESTYLEⅡ」

部屋の片づけしてたら大野さんの2冊目の作品集「FREESTYLEⅡ」を発見しました。
いつの間にかどっかいっちゃってたみたい。リビングに避難経路マップといっしょに並んで収納されてました。サイズぴったりおなじ!わお!
今年の夏に発売されて、フラゲまでして手にいれたのに1回読んで満足して見返すこともなく、ないと困るもんでもないからなんとなくそのまま忘れちゃってたのかな。個展も行けなかったしね。それで改めて眺めてみていまさら感想を書くよ!

大野智作品集 FREESTYLE II

大野智作品集 FREESTYLE II


むかしだれかに「長く話しても目を合わさないと意味ない」って言われたことがあって、この作品集みてるとなんとなくその言葉を思い出しました。
わりと継続してあらしのこと応援してて、もちろん大野さんも好きで、パーソナリティもなんとなく分かってるつもりだったんだけど、「なに考えてるんだろう」とか「どういう希望をもってるんだろう」本質的な部分のことなにも知らなかったのかも。というか、知ろうとしたことなかったのかも。
大野さんのこと、もっと知りたいに決まってるんだけど、知れるわけないから、知ろうとするのやめてしまうかんじ。
でもこの作品集ながめてると、大野さんのこと知るのはやっぱり難しいなと思い知る反面、知ろうとする努力をしなかったじぶんに気付いたんですよ。すごく長い時間話してるのに一切を目を合わせないままモジモジしてきてたんです。なに人見知りのふりしてんだよ…、ウンウンってうつむいててもなにも通じ合ってないじゃん。

アートの知識がないので、こんな漠然とした感想になってしまってほんとうに意味がわからないとおもうんですけど、作品集のページをめくるたび「ちゃんと目を合わせなきゃ」「おおのさんの話をちゃんと聞くぞ」って意欲がむくむく湧き上がってきました。
なんてったって7年ぶりの作品集、大野さんの意で制作された作品をそっぽむいて聞いてるふりして眺めてるのってすごくもったいないよね。誠意をもって目を合わせて話せる態度を整えたいなっておもいました。
がんばって勇気を振り絞って克服してやっと目を合わせても、もしかしたら大野さんはそっぽむいて別のだれかと話していて、わたしと会話してるなんてただの勘違いかもしれないけど、それでもわたしはちゃんと見るぞ!!!
モジモジしてちゃそれすらも分からないからね!


火事、地震、災害、FREESTYLEⅡをもって走り出してしまわないように、本棚にスペース確保したけど、なんかもう少しみたくて机のうえにしばらく置いてます。

広告を非表示にする