読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とうふ油

とうふとアイドルについて

「暗殺教室-卒業編-」みてきたよ!

映画

公開2日目の舞台挨拶中継付きの回をみてきたよ!

にのみやくんの死神が、ひたすらかわいくてやらしくてにくたらしくてサイコー!だった話をするよ。その話しかしないよ。

f:id:toufux:20160327031006j:plain
まずもうみて、このビジュアル!どっひゃー!
無造作ぐしゃぐしゃヘアにアンニュイでけだるそうな顔見てよ。んんんんんん。どうだい?ぶりっこだろう?ここまで病み役のなかでまさかの上目づかい、乞うような目、やるせない笑みをもってめちゃくちゃキュルキュルにかわいくって、エクストリームキュート!キュート、キューティー、キューテスト!メイプル超合金なら「キマッター!」の証にずばばずばばずばばーって両手をぐいぐいやってるね。
もう、顔が、顔が好き!っていうシンプルな二宮くんへの好意をビシビシ実感した。顔が好きという種類の好きは攻撃力激高だからな!最高威力だからな!全滅だーワハハ!
全体的に乾燥した質感だったのも、二宮くんの素質まるだしで興奮したよ。

死神いいいいいいい

声がめっさほっさ良い!
監禁されてるわけですよ。想いを寄せるあぐり先生とはガラス越しでしか会話できない。
この旧時代から使われる、ロミオとジュリエット設定は平成28年でもバリバリ通用する。好き同士なのに立場のちがいから結ばれないのやつの様式美は永遠にイケるな。
それでガラス越しにしか会話できないわけですから、向こう側の声が響いて聞こえるように演出されていて、監禁された死神の抑えた力ない、しかし意志をもった声がぐわんぐわん響いて堪能できてお耳のごちそうです。
ときにささやくように、ときに機械的に、ときにせつなく語りかけてくれる声よ。なによりさあ!あの!あぐりへの「内緒ですよ。」!!!!!!!!!!!!!!腹からどころか喉よりももっと近く、口元のその先から静かに秘めるように放たれた「内緒ですよ。」はほんとに劇場で聞いてほしい。プレミアムよ。熟成焙煎濃厚の「内緒ですよ。」
あとねえ、下を向いてあきらめたようにンフフって含み笑うアプローチにのみやくんらしくて、すごくおれはときめいた!

ふくふくよかよか

おっぱい。おっぱい。おっぱい。
にのみやくんの半裸がみれます。母と暮せばに続きまた脱がされて、しかも今回はがっつり肉々しいボディがででーんと出てるよ。ふつうにおっぱいある。男の人の胸とは認識できないくらいまじでふつうにおっぱいのそれ。
もうさあ、笑っちゃうよ。映画館の大スクリーンで、あそこまで自然にいかにもやわらかくてふくよかなおっぱい出てきて大丈夫なんかよってレベル。でぶちん。はーまじかわいいな。あれでかっこつけて死神やってんのまじでかわいいなあ、はー。
次の作品はおっぱいありきで、湯けむり温泉シリーズかな~~~~生乳、魅惑のマーメイド~。

にくいねにくいね!

やらしい、って別の意味でもやらしいシーンがあって。
映画の冒頭で小粋に山田くんのアカデミー賞新人賞を祝福する殺せんせーがいて、ハッってなった。これのために新たにわざわざ収録したとのことで、ほんとに憎らしい演出だなーって癒された。

なんでもあり

ジャンプ原作なわけですよ。少年漫画原作!めちゃくちゃなシーンがてんこもりでそれがまた最高だった!!
じたんが組織に人体改造されて、めちゃくちゃ強くて優しくてやらしくて、戦うし恋するし守るし半裸だし首輪だし拘束されるし…なんてオタクがいくら妄想しても実現するはずのない、pixivなの?夢小説なの?同人なの?みたいなにのみやくん、いっぱいみれます。
やっぱこう前提としてありえないから、あらゆる要素もりもりで、アーこんなベタベタ設定がつぎからつぎに繰り出されるのおせち料理だ~~~って思いながら終始みてました。
正月きました。年が明けました。あけましておめでとうございます。今年もよろしく!!


桐谷さんとのフェイスサイズのはなしは絶対するなよ、これはフリじゃないからね。ぜったいだめ。ほんとにだまって。みんなが知ってることわざわざいわなくていいよ。(この作品で初めてフェイスサイズに違和感かんじたひとだけ言及してよし)

________________

あとなんかもう、これはわたし自身の意識の問題なんだけど、映画とかを「このひとが出演しているから」という動機でみにいくのって嵐しかしたことなくて、人並みに映画というものを観てきて人並みに自分の好みみたいなのを自覚してしまっていたからこそ、そういう「あらしが出てるから」のために映画をみるのにすこし罪悪感というか、むなしさみたいなのを当初はちょっと感じてしまっていて。これはもちろんわたし自身への罪悪感で、だれにもなにも迷惑かけるようなものではないんだけども。わたしも若かったからさ。
好きなひとは好きなものに出ているわけではないという当然の事実につらー…ってなってしまうこともないことはなかったんですね。そんな気持ちすぐ消えてちょーーーたのしめるようになったけど。

いま、嵐を好きになって10年を超えて、こうやって後輩の主演映画に宣伝要因として(それだけではないだろうけど)呼ばれちゃったりして感じることは、ただただうれしいなーっていう感情だったんですね。当初に感じてた変なうしろめたさみたいなのはとっくに無くなって、暗殺教室をみて、ここまで立派にアイドル映画として揺ぎないひたむきさをみせられると、あのころのじぶんへの罪悪感を思い出してすこしノスタルジックになりました。
それくらい暗殺教室はちゃんとアイドル映画で、出演者が魅力的だし、夢があるし、仲間がいるし、興行も話題性も内容もほんとうに真摯に丁寧に作られてて、うまくいえないんだけど大事にされるべき種類の映画だとおもいました。
もうさあ、はっきりいって、二宮くんがこの手の作品にこれから携われることってそう多くないじゃんか…しらんけど。だからこそありがたいというか。
あのころ、10年以上前に「そういうもんだ、仕方ない」って思うしかなかった種類の作品に、いまは出れてうれしいありがとう最高もっともっとってむしろこっちから求めにいっちゃってるのが、なんかウケるなって。わたししか分からない変なはなしをしちゃってだいぶアレですけど。
うん、なんか、とても暗殺教室がうれしかったってことがただ言いたいのでした。

toufux.hatenablog.com
toufux.hatenablog.com