読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とうふ油

とうふとアイドルについて

12/17ららぽーと船橋「MIRACLE デビクロくんの恋と魔法」舞台挨拶

ライブ

12/17ららぽーと船橋に映画「MIRACLE デビクロくんの恋と魔法」と舞台挨拶をみにいってきました!!!
約15分程度で相葉くんは犬童監督と登壇しておりました。(司会は伊藤さとりさん)

相葉くん登場した瞬間から笑顔で客席に手を振り続けてたんだけど、達観したキャンペーンお手振り(皇族のやつ)じゃなくてずっとコンサート仕様のぶんぶんお手振りを採用してて、死んだ。
おい…、この近さでそのビジュアルでその笑顔で必殺技くりだすとか人間にやることじゃねえぜ。必ず殺す技と書いて「必殺技」!!!あんまりキャーキャーってなんなかったのは、登場から0.2秒で歓声すらあげられないほど死者が出たからだとおもう。
ペコペコとおじぎしながら下手から歩いて出てきたんだけど、「こんにちは」「こんにちは」「こん…」ってずっと言い続けてて、一人ひとりこのまま全員に挨拶しつづけるのでは!?って勢いで好青年炸裂させてた!!

会場となったスクリーン4はららぽーと船橋では一番大きいみたいだけど、なんせたった400人。
わたしが座った真ん中あたりでも距離はしれてるわけですよ。たぶんドームの最前より近い。この興奮の中さっき死んだわたしは亡霊となって劇場内で魂をゆらゆらとさせるのでした。
少人数現場だし、できるだけ詳細にレポ書いていきたいけどなんせ亡霊だったので記憶があいまいです。たった15分のくせにもうほとんど覚えてないけど許してください。I am ゴースト.OK?

司会:まずは今日集まってくれたお客さんに一言挨拶をお願いします。
相葉:今日は本当に観ていただいてありがとうございます。こんな寒い中、平日なのにこんなにたくさんの人に来ていただけてうれしいです!ありがとうございます。今日はよろしくお願いします。
犬童:みなさんありがとうございます。今日はよろしくお願いします。

司会:今日は舞台挨拶でいろいろな場所いかれてますけど
相葉:はい、そうですねぇ、今日は4ヶ所目ですけど、こうやって生の声というか実際のお客さんと触れ合える機会なかなかないので楽しいです。直接ご意見いただいたりとかできてうれしいです!

一般的に「映画の感想」というようなところを全部「ご意見」と言ってました。ちょっと表現の仕方おかしいマサキちゃんきゃわ~
ご意見って…、すいぶん仰々しいよねえ。(ちなみにこれ次の壇蜜ちゃんとの2ショットトークでもずっと「ご意見」って言ってたので、もうそういうものとしてマサキちゃんの頭に辞書登録してあるんだとおもう)

相葉:(会場見渡す)ほんといろんな人いますね。デビクロ持ってくれてる人とか…。ありがとうございます。あ、ちょっと気になったんですけどそこの松本くんのうちわ持ってる人はー?なんなんでしょうね(笑)
<客リアクション(よく見えない)>
相葉:まあね(笑)じゃ、松本くんによろしく伝えておきますハハハ(乾いた笑い)
<相葉うちわ持参のお客さんがアピールする>
相葉:あー僕のうちわも持ってくれてる人いて、ありがとうございます、ふふふ

いじってはダメな人に触れてしまったのはあれですが、早急に流す相葉プロかっこよいいいいい

ここで会場にいるお客さんに映画の感想を聞いてみましょうというコーナーに!
「2回目なんですけど~」とか「この映画は~」とかたどたどしく話す女の子に、丁寧にうなずいてたり、優しすぎる相槌をうったり、逆に質問して聞きだしてあげてたり、ウルトラ相葉空間まじでまじで最高すぎるぜ。ああああ大好きって声にならない声が充満する幸せに死者たちはまた死んだ。ヲタクは何度でも死ぬのだ。

お客:座右の銘や好きな名言を教えてください。
相葉:「大きなことはできないけど、小さいことは大きな愛でやることはできる!」ですかね。これはマザーテレサの言葉なんですけど、小さいころに読んで、それからずっと好きですね。

しゃべくりでカットされてた「好きな言葉」がここで登場!!!けっこう馴染みのあるかんじで喋ってたのでよく聞かれるのかな。

司会:なるほどー。ということですが犬童監督は相葉さんから愛を感じたりしましたか?撮影中でもほかでご一緒されたときでも…
犬童:うーん。いつも感じてましたよ。いつも。
相葉:(笑)
犬童:ずっと、ねえ?
相葉:撮影中、監督とよく相談するんですよ。ココはこういう気持ちでこういうシーンだ、とか。シーン撮る前にどうしようかっていう相談をね?よくしましたよね。
犬童:そうそう。
相葉:でも「~~~~~~~~(失念)」のシーンは、ハイじゃあいくよ!やれ!ってあんま話してくれなくて(笑)
犬童:ああー!だってあそこは難しいシーンだったんだよ。
相葉:うーん、難しいからこそ聞きたかったんですけどね(笑)もう1人でやれと(笑)ここは必死にがんばりましたけど!

あああ大事なところ聞き逃してる!!!

次のお客さんは当てられた興奮のあまりうまく質問できず!

相葉:なんか質問とか、あります?
お客:あのもう、相葉さんとこうやって話せてるだけで充分です。うれしいですありがとうございます。
相葉:あはは、ありがとうございます。僕もうれしいですよー

なにこの揺ぎないスマートな対応力。ただの王子様かよ。

お客:カレーを食べるシーンは気持ち悪いといっていましたが、どういう気持ちで演じていましたか?
相葉:やってるときは、運命の人に会えて嬉しい気持ちでやってたけど。出来上がりをみたら自分でみてもキモかったんだよね(笑)まさか次のカットであんなふうになってると思わなくて(笑)

相葉:俺のおやじが観に来た映画館ってたぶんここなんですよ。
<会場ざわざわきゃっきゃ>
相葉:ここで観て、栄倉奈々ちゃんにきゅんきゅんしたわけです(笑)あとうちの80になるばあちゃんも観てくれて、最後のキスシーンが長いって言われました(笑)「チュっ」くらいでいいんだよ、「チューーーー」って長いよ!って(笑)
犬童:へえ(笑)
相葉:観てくれてうれしいですけどね。そうだ、ここってららぽーとの前SOGOとくっついてたの知ってます?
<会場色めき立つ!!!>
犬童:なんかあのへん(客席)すごいうなずいてるけど(笑)
司会:お近くから来ていただいたんですかねえ

地元民のときめきのリアクションかわいすぎだよ。
相葉おやじがここにキターーーーって盛り上がってたの笑った

相葉:子どもの時ここにはよく来てましたよ。屋上にバッティングセンターがあって。あとペットショップもね。毎週水曜日に来てました(笑)分かります?
<会場なんともいえない一体感でうなずきまくる>

わたしは部外者なので犬童監督と一緒に「へえ」って感心してました。一心かわゆいよ一心。まるいおじさん一心。

ここでお時間!しゅーーーりょーーーー。
その後もゆっくりと掃けていくあいだずっとずっと上から下まで手を振ってにこにこしながら退場していきました。
わたしはというと終わってもなおふわふわしていて魂を取り戻すのに時間かかってまいったまいった。お友達と「げげげ、現実じゃないみたい今のなんだったの」ってぼそぼそつぶやきながらお好み焼きをハフハフ喰らいました。

その後、六本木からの中継(壇蜜ちゃんとの2ショットトークイベント)をおなじく船橋で鑑賞。さっき近くにいたときは幻のような人だったのに、大スクリーンに映される中継先の相葉くんはなんだか現実味があって不思議な体験でした。どっちも本物なのに手が届かないほうがリアルって、ほんとどこまで大スター様なんだよ…。

壇蜜ちゃんとのトークは全体的にどこか落ち着き無くて(見てる側も)短かったけどしっかり見守った感じがして大満足!!わたしがハフハフしている横で友達もハフハフしてたから、相葉×壇蜜はお好み焼き。
壇蜜ちゃん頭良いし、この手のイベントに出まくってるの頷けるほど上手で、ちゃんと映画のこと絡めて話してくれるし、相葉ファンを前に謙虚だし、あの場ではもはや身内感すらあった。壇蜜ちゃんは我が軍!!

船橋はくそさむい!!!!!!