読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とうふ油

とうふとアイドルについて

ついにモーニング娘。になった加賀楓

モーニング娘。に13期メンバーとして加賀楓ちゃんと横山玲奈ちゃんが加入しました。
www.youtube.com

この報を聞いたとき、鼻の奥がツンとして、次にまばたきをしたとき涙があふれて出てしまった。
加賀楓ちゃん、通称かえでぃ(かえD)がモーニング娘。に加入した、ただそれだけの世間では些細な出来事はわたしにとってとても大きく心揺らがされる出来事でした。
大人になると夢を叶えることのむずかしさを実感する日々で、いつしか夢を持ち続けること自体つらくてしんどくてやめてしまったり、そういうのを繰り返してしまってるから、ひとりの少女が夢を持ち続け、それがついに念願叶うと知り、わたしはその物語に感激せずにはいられなかったんです。

報われない4年間

かえでぃがハロプロ研修生に加入したのはもう4年も前のことです。4年というのは現ハロプロ研修生で最長であり、何人もの後輩にデビューやユニット入りを先越され、それでもあきらめずに耐えてきた、そんな4年です。
すべてを知らないただのファンなのにあんまりこういう言い方はしたくないんだけどかえでぃのことは「報われない」と、そう悔やんできました。実力はハロプロ研修生でベストパフォーマンスを獲得するほど秀でていたし、公演では選ばれたひとしか歌えない曲や、選ばれたひとしか踊れないダンスの選抜に入っていました。素行の悪さなんてものも聞いたことがなく、むしろ周囲からでてくるのはかえでぃを尊敬し認め憧れる声ばかりでした。
それでも、デビューできない。がんばってもデビューできない4年間。わたしも素人ながらに実力や人柄だけで夢が叶うわけではない、そういう世界なんだと思い込むしかない日々でした。
f:id:toufux:20161213153624j:plain

4年というのは、長いです。中学生から高校生までの4年という期間をひとつのことに費やした経験がありますか?飽きては辞め、自信を失っては諦め、空気に飲まれてめんどくさくなる、わたしにとってはそんなことを繰り返した時期でした。ましてや環境がぐるぐると変わり、がんばっただけでは認められない世界でなんの保証もないなか4年という月日を捧げ続けることができたかえでぃの根性と魂と真摯さ。
もしこのまま報われなくても、加賀楓という少女にとってかけがえのない青春を過ごしたこの季節が、人生の誇りであればいいな、なんて、意識したことなかったけどわたしはかえでぃに対してそういう想いを募らせていました。
諦めてたわけじゃない。だけど、いつか突然いなくなってもかえでぃを責めたりしないでおこう。そのときには「ありがとう」って言って見送りたいなと。いわば覚悟してた。

加賀楓に惹かれていく

かえでぃは、ひたむきでまっすぐな努力家です。その姿は何人ものひとに目撃されています。後輩の面倒見もめちゃくちゃいいと聞きます。
わたしは単純なので「ひとに優しくできる子」をとても愛してしまいます。わたしがかえでぃを好きな理由は、歌、ダンス、根性、、、いろいろあるけどやっぱり一番は「優しい」ということのような気がします。ほっそりとした身体に真っ白の肌、丸い顔に吊り上ったシャープな目、決して華のある美少女ではない、笑顔がどこかぎこちない遠慮がちな雰囲気も相まって少し野暮ったい、だけど野心的で優しいかえでぃのことが日に日に好きになっていったのは言うまでもありません。
推しではないひとでもかえでぃのことを気にしてた(心配してた)ひと、たくさんいるんじゃないかな。
なんかこう、「かわいい」とか「うまい」とか「好み」とかを超えて、妙に惹きつけられるんだよね。4年という期間がそうさせたのかもしれないけど。
www.youtube.com

モーニング娘。としてのかえでぃ

武道館で、13期メンバーとして加賀楓の名前が呼ばれたのは最後(2番目)でした。
新メンバー恒例の真っ白な衣装を着て、センターステージに飛び出したかえでぃは自己紹介をする位置まで駆け降ります。「ゆっくりでいいよ!」という声をかけられながらもメンバーの元に嵐のように走って向かうかえでぃの姿をみて、一刻も早くデビューしたいと願った、デビューを目指してハロプロを愛し続けたかえでぃの想いが重なった気がしました。「ゆっくりでいいよ」と言われても一目散に目指すその場所。
自己紹介を終えたかえでぃは、感極まって泣き出します。前を向いてハツラツと発言した堂々たる様子と、直後のぐしゅぐしゅに泣き崩す表情。どちらもかえでぃらしいなってわたしは笑いながら泣きました。
どよめきと歓喜に沸く武道館のステージに立って、もしかしたら初めて実感したのかもしれません。じぶんがモーニング娘。に選ばれたことを。

かえでぃのこと、ずっと見てきたつもりだけど、まだまだ知らないことはたくさんあります。とくにわたしは接触系のイベントはあまり行かないので、本人の言葉をきちんと受けた記憶はほとんどありません。だけど、いま垣間見えているだけで、もうモーニング娘。にもたらす影響は少なからずあると確信できます。加賀楓が加入してよかったと言える未来が必ずくる。
積み上げて続けてきたからといって報われる世界ではない、だけどかえでぃは勝ち取った。何年かかっても諦めずに続けてきた。そして周囲の慣例をくつがえし認めさせるに至った。その事実が毎日なんでもない日常をふらふらと過ごしているわたしの希望になってるなんて、かえでぃにとってはどうでもいいことかな~。とにかくわたしは、本当の意味でじぶんのことのようにうれしいよ!!!!!!
f:id:toufux:20161213153658j:plain

13期メンバー

かえでぃと一緒に加入したもうひとりの13期メンバー、横山玲奈ちゃんちゃんは大変かわいらしい子です。
めちゃくちゃ華やかで可憐で、すぐに外に出しても戦えるような即戦力のビジュアルをしています。武道館での様子をみると、緊張していたんだろうけど大観衆を前に愛らしく手をふりにこにこできる度胸の持ち主であることは十分伝わりました。けっこうぐいぐいたのしく活動してくれるんじゃないかしら。
f:id:toufux:20161213154258j:plain
研修期間はたった2ヶ月!前回、合格者が該当なしに終わったオーディションで落選した女の子みたいです。かえでぃが横山玲奈ちゃんと一緒に同期として加入する、という事態もまたドラマティックだなあと心に刺さる。

研修歴最長の地味でタフな努力家であるかえでぃと、流星のごとく現れ合格を獲得するアイドルらしい横山玲奈ちゃん。少女漫画みたいに対照的な2人の新メンバーが今後のモーニング娘。で活躍するのがいまからほんとうに楽しみでならないです!!!
まだ気が早いけど、かえでぃにはいつかリーダーになって後輩たちにまっすぐ信じる道を示してほしいななんておもいます。

4年間の研修期間を経てついにデビューするというだけですでに物語が出来上がってるんだけど、でもまだ完結ではないです。やっと序章が終わったところ。これからがほんとうの見せ場だよ。かえでぃ、思いっきりいままでの魂をぶつけてモーニング娘。を躍動させてくれ!信じてついていくよ!見てる、いままでも見ていたようにこれからもずっと見てるからね!!!
――――――

余談だけど、わたし娘ができたら「楓」って名前を付けようってずっと(いまも)本気で思ってたんですよ。由来はもちろん、かえでぃのように育ってほしいから!!!あまりに奔放な理由なので実現するかはわかりませんけど、でもそれくらいかえでぃのことを特別におもっているのです。