読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とうふ油

とうふとアイドルについて

SMAP解散ときいて

SMAP解散びっくりした。

わたしはファンというわけでもないけど、やっぱりSMAPは特別だったとおもう。みんなもきっとそうでしょ。
生まれたときからわたしの世界にはSMAPがいたし、絶対的存在だったし、この先それが揺らぐことがあるなんて考えもしなかった。先週、天皇陛下がお気持ちを表明してたけど、いまの陛下が陛下じゃなくなる世界が存在するなんて、天皇さんが「辞める」なんて考えたこともなかったように、SMAPもまたそう。
「ファンじゃない外野は黙ってろ」なんて言われちゃうかもしれないけど、SMAPですよ?SMAPに関して、「外野」なんてひとこの国にはいないんじゃないの?
この先、どうなるんだろうなー。SMAPのいない世界はいつ始まりますか。もういまがその世界ですか。

SMAPの最後

ショックだったのは、SMAPほどの国民的なひとたちがこれほどのしょぼい終焉を迎えたこと。
解散なんて想像もしてなかったけど、もしあるとしたら、国をあげて盛り上げて、テレビは四六時中ずっとSMAPの功績を讃えて、みんなで0時0分に「ナンバー1にならなくてもいい、それぞれ特別なオンリー1!!!!」って大合唱して、せーので日本中いっせいにクラッカー破裂させて、街中にファンファーレと大喝采が飛び交うような、そんな日でもおかしくないっておもってた。泣きながら、ありがとうって5人に叫ぶんだよ。
なのに実際ときたら、ほんとひどくて、運営のいざこざからのメンバー間の溝、グループ活動は干して、時期をみて事務所からの公式発表で解散を知る、なんて。どこぞの地下アイドルとおなじ末路やないかい。このへんの無力感がしんどい。
5人並んで立ってるだけで無敵のひとたちを、並ばせることすらできなかった。

草なぎさんと香取さん

ひとつ、気持ち悪いはなししていいですか。
しんつよって香取さんと草なぎさんのコンビ名(?)なんだけど、ファンじゃないわたしですらふつうにこの愛称が解ってしまうほど2人の絆はご存じのとおりとおもいます。
波乱万丈あったなかで、2人の信頼度は確固たるすごみがあるな、だれも敵わないなって、なんとなく察してたんだけど、いつだか草なぎさんが香取さんに対して「いざとなったら俺の金は全部お前にやる」「コイツを殺せって言ったら俺が殺してやる」と病的なまでの愛と執着の発言をしていてかなり震えたことがあったんだよね。
報道によると、存続派の木村さんと、解散派の香取さんがまず対立していたとか。そして、解散したいという香取さんについたのが草なぎさんだったという経緯があるみたいです。真相は知らないけど、この流れを知ったとき、ああ草なぎさんは香取さんの殺したいやつを殺したんだな…って瞬間的によぎったのね。SMAPを殺した。
どんな環境であれ、香取さんの「気持ち」を否定する草なぎさんなんて居ない気がしてる、あの発言を聞いた日から。
実際のところはほんとに何も知らないよ、当たり前じゃん、知るわけないじゃん!だけど、こういう結論に至ってもなお「しんつよ」の流儀はぶれずに在ったことが感じられて、また熱くなってしまう。ずるい、こんな状況で揺るぎない絆みせてこないでよ。ずるいよ。
SMAPは無くなる、だけどそれでも続く物語があって、そういうのほんと苦しくてつらくて尊くて好きなので、わたしはなんの涙を流せばいいのか分からない。

中居さん

中居さんのSMAPへの執念の行きつく先はこんなところでよかったんだろうか。
誰よりもSMAPを愛し守り抜き信じつづけたひとだけど、そんなひとですら届かない願いがあるということが絶望だよね。人間の集まりなんだとおもった。
前後をみて、周りの状況をみて、タイミングをみて、そうやって周囲に主導権を握らせていたら解散という決断はされなかっただろうとおもう。SMAPが組織ではなく、人間で作られていることをいまいちばん実感してるかもしれない。わたしは中居さんに期待しすぎていたんだろうか。
中居さんのコメントの「…(三点リーダー)」、言葉を含むような、途切れさせるような、なにも音にしてくれないその表現を、わたしはかわいいとおもった。そして憎たらしいとおもった。こんなところで喪失感を訴えてこないでくれよ。悔しさをちゃんと言葉にしてよ。なにも言えないのにいじらしく三点リーダーを潜ませるところが愛おしいし、なにも言えないからって三点リーダーで察してもらおうとしてるところがやるせない。
どんな「悪」を背負ってでもSMAPを全身全霊で守ろうとしてきた中居さんだけど、今回は悪から手をひいたみたい。もう悪をする必要もないってことなのかな。中居さんになにも背負わせなくてよくなってしまったこと、解放というべきか決別というべきか。

休むより解散したい

もうひとつ公式発表で気になったのが「休むより解散したい」というメンバー数人からの意見。
客観的に冷静にさあ、無理なら休めば?っていう提案ってもっともだとおもうんだよ。SMAPでなくったって、すぐに続ける決断ができないなら少し距離を置きましょうって一般的な頭の冷やし方じゃん。恋人関係だって仕事関係だってなんでもそう。とくに悩んでるひとや大きな決断をする局面に立たされているひと、後戻りできない場合は。
大船でこれまで休むことなく走り続けてきたSMAPが「休む」という選択肢を与えられただけでも快挙だとおもうんだよね。でもそれすら拒否した。
愛されるより愛したい。休むより解散したい。もうこの言葉がわたしのなかではすごく決定的だった。こいつぁどうにもできねえなって悟ったよ。
苦渋の決断だったんだろうが、諦めだったんだろが、そんなこと想像する余地はなくて、ただSMAPというグループがSMAP本人に見切られたんだという圧倒的敗北感。



それにしてもSMAPが解散するの嫌すぎるな、改めて。どういう角度でみても嫌だな。無理ほんと無理。
ジャニーズジュニアから新メンバー入れて2期SMAP作るわけにもいかないし、ましてや別のグループに後釜を任せるのもぜんぜんピンとこない。SMAPの屍のうえに立てるのはSMAPだけだよ。いつか時間が問題を解決してくれるかもしれない、そのときに自分たちの屍を思いっきり踏みつけて蹴散らして、颯爽と君臨するのは5つの影しか認めない。
そのときがあるのかすらもいまは分からないけど。

広告を非表示にする